鬱病は治せるのか

鬱病と真面目に向き合おうと思って

ふりだしにもどる

なんだか昨日今日で目標を失った気がする
今日は心が辛かったので1日寝て過ごしました、ごめんなさい
好きだったコンテンツとか目標としていた事とかが、思ってたのとずれてたような気がして、一旦辞めてみるかなって思った
で、今日起きたらすごく虚無感があったので、こんな感じです
適当にググって目標を失ったらどうすればいいかみたいなの読んでたらまあタイトルみたいな感じ
人生はすごろくみたいなもので、目標を失ったらふりだしにもどる
自分自身を正しく理解してまたサイコロを振り始めろとかなんとか
そんなもんだろうか?全然わからん

このブログが更新途絶えてた期間は心が穏やかだったんだなぁって感じだ

発言の難易度

言葉って凄く難しいと感じた
何気なく言った一言が人を大いに傷つけるし、よくわからん
そんなこと気にしてどうやって生きていくんだよってレベルで気にしすぎる人もいるし、そういう人に理解が及ばないし、逆もしかり
なんでそうなるのかなぁ

夢ってなんだろうね

僕はね、景観がいい草原近くとかにボードゲームカフェと建ててまったりのんびり、利益も度外視で暮らしたいなあ
たまに料理とかして、メニューも気まぐれとかで、来たい人だけ来てくれたらいいみたいな
客0人でもいいしそういう日はなんか料理こだわったりとか、後ジオラマ作ったりとか
紅茶と肉料理とボードゲーム好きな僕にぴったりじゃんしかも引き籠り
たまには旅にも出たいしまあ週4くらいの営業でだらだらやる感じで

常に問題は金である

ゴミクソポエム

寝付けずに朝が来た、絶望の朝だ
夜12時には布団に入ったのに、不眠症なのか
2日に1回はこんな夜、悲しいね
徒歩40分で大学へ、あまりに遠い
就職ガイダンスを受ける、眠すぎて何もわからん
保健管理センターへ行く、就活も学会も研究も辛いって現状を伝える
順調じゃないですかと言われる
見解の相違、世界の総意
教員と学会のミーティングをする、タスクが増える、お家へ帰る
勢いでマクドナルドへ寄ってしまう、710円
今月の食費は残り9002円、えーん
帰り道人通りが少ない道や公園を歩きながらポテトを食べる
最高にうまい、これは揚げたて、空に挙げた手、厨二病感最高に気持ちがいい
星があまり見えない、そらそう
帰宅と同時にポテトがなくなる、pcいじりながらチーズバーガーを食べる
これが幸せだし、普通って単語は今まで生きてきた偏見をまとめた辞書
なんだこれは

やりたい事をまとめてみる

どうもお久しぶりです
続かない人間事僕です
最近はどうかと言えば大体YouTube見てボーっとしたり、競プロやったりvaingloryってゲームやったり、たまに研究たまに就活って感じです
その辺のことも追々書いていきたいですねえ
で、たまにはと思って記事更新を、と言うかしばらく放置してると書きたい事がちょいちょいあって徐々に脳にたまっていく感じ
脳と言っても穴の開いたバケツなのでほとんど忘れるんですけどね

まあそういう感じで近況報告も兼ねてやりたい事をまとめてみようかなと
あんまりTwitterも動かしてないしTwitter見てる人でこっち開く人もレアだと思うので
ついでにやれてない理由とかも

これやってみたいんですよね
神社とか洋風な城とか建築したいんですよ、憧れが凄い
リアル版マインクラフト的な気持ちでいる
何度かジオラマ作成の記事とか見たりしてるけどなんかよしやるぞってなれない
後お金がない、割りばしとか使えるもので代用してやってみようかなと画策中ではある
実際建築関連の書籍とか買って練るのも必要かもなあ

これは出来てる
今後も続けていきたい
ラソンに関してはややできていない、時間がかかりそうとか実装が苦手とかで離れてるけど最近面白いなとは思った
実装力も磨きつつ


  • エロゲ

実は10作くらい積んでる
やるなら一気にやりたくて、なんかチラチラYouTube見ると続かない
何と言うか、ずっとやってられなくて気が散りやすい、不思議
新作がそのうち手に入るのでまあ、やれば終わるかなー

  • vainglory

これもやってるけど時間がいくらあっても足りない
後自宅のWi-Fiだと調子が悪くて4Gでやると快適とか思ってたら通信制限喰らってしまった

神ゲー
一度始めるとドはまりして朝が来る
これは怖くて1回やった切り起動していない
凄い中毒性があるので朝から一気にやるとかしないと生活リズムが破壊される

  • webアプリ作成

知識が無さすぎる、ホントに情報系か?
作りたい内容も思いついたり忘れたりを繰り返してるし、思いついたらすぐ作れるようになればいいなあって感じ
ただ勉強モチベが低い模様

  • ゲーム開発

最近面白いの思いついたんだけど検索したらちょっと似たのとか出てくる
後素材が無い、自分で作るのも苦しい、困った
将来金稼いだらチーム組んでやるとかそういう事がしたいしデザイナー勢とか知り合いが欲しい
まあフリー素材とかで補えやって話でもある
ぶっちゃけこっちもエロゲとかと似てて手が動かない

たまにやる、20個くらい持ってる
問題はやる相手がいないこと
遠出したらボドゲカフェとかあるしたまーに行ってる、そういう記事を書くのもありか
社会人になって金稼いだらもっと自分から動いたりサークル作ってもいいし、ね

が作りたい、40とかで会社辞めて作るとかさ
生きていけるんだろうかね、儲からなくてもいいから楽しい場所が作りたいんだけどね
まあ要勉強

  • 料理

たまにするけどまあ簡単なものしか作れないし、なんかおしゃれなのが作りたい
あとケーキが焼きたい

  • 紅茶

たまに飲むけどカフェインのおかげでつらい事があるからいっぱいは飲めない
茶葉とか買いあさりたいけど知識がまだ浅い
お金もない
ティーバッグより茶葉だよねやっぱね
後茶器も欲しい、高い

  • バーベキュー

これな、準備して料理とかもしっかり作る感じのがいい
スキレットとか持ってさ

  • 廃墟巡り

良さ感じないすか?
行きたかった奈良ドリームランドは進入禁止らしいため
あと交通費が無い、廃墟は田舎が多いので車とかバイクも欲しいが運転が怖い、公道はしりたくない
これで行った個所をジオラマにするとかすごくよくないっすか?

欲しいわなそりゃ

ロクな事が無い
人間関係が消えるとかでビビりつつあるが果たして如何でしょうね

  • ブログ

書いとるやんけって感じやけど
今回挙げてるような事をしっかり毎回記事にしていきたいなあって感じ
やはり発信は重要

  • アプリ作成

これもアイデアが浮かんでは消えしている
後モチベ


とりあえず多分こんくらい
一部は既にやってるか、出来るのにやってない
後は金の問題やモチベの問題が多い気がする
なんかアドバイスあったら下さい
批判もどうぞ

退学は選択肢でしかないと思いたい

えーこの記事は遅刻ですが
退学 Advent Calendar 2017
adventar.org
の12月11日の記事です

僕とは

大学院大学修士課程1年です
大学名はTwitterとかで察してくれるといいんですが名前を出さない理由も言及します
大学でちょっと周りより出来た気がしたため、他大の院を見学、環境が素敵なため進学
研究テーマはセンサネットワークとかその辺IoTでいい感じにいいことをする(ア)
進学後研究室や環境色々が辛くて退学を視野に入れる
アドベントカレンダーに登録
教員に相談
なんやかんや修士卒は取る気持ちになる
今に至る

大学院進学

ちゃんと考えずに決めてしまった
学部2年の頃ミクがスマホ越しに踊っているのが面白くて書籍を買って動向を追ってみた
この時は論文の読み方とか知らなかったため書籍だが、書籍も書籍で希少だったしやや古めの本だった
ARtoolKitと言うAR開発を簡単にするライブラリを作った教授が某大学院出身らしいことがわかる
名前の聞いた事無い大学院だったのでググって面白そうだったので覚えておいた
研究分野は教授が面白そうとかそんな理由で選んだ
んでその分野がセンサネットワーク、関連しそうな研究室に見学に行った
よさそうだったので受験しますって感じになった
学歴ロンダとか何でも言えばいいと思うし非常に良くなかったと思う
この時感じた事として、底辺大学とかと一流大学とかの何が違うって、教員とかは多分大差なくて、周りの学生の意識だと思った
鶏口牛後がまさにそうで、牛の尻尾でいいからくらいついて行く方がはるかに成長できるって思ってヤバいところに進学するぞ見たいな感じで
みんなやる気ないと自分も引っ張られちゃうからね、そうならない人は天才と呼ばれる人種だと思った

研究室配属

これもノリで決めた
入試で受けてた研究室は同期が一人もいないと分かったので逃げるように避けた
で、近しい研究が出来そうな研究室回って雰囲気よさそうなところに配属
入ってからこの研究も出来るけど、基本はこっち!みたいな感じで輪講とかがやりたい事とかけ離れたことをやる羽目になった
研究室の空気も辛かった、輪講のやり方も無駄が多くて配属されてみないとわからない部分で不満がいっぱい出てきた

入学して感じた事

周りの人間が優秀な割合が高い
一部僕のようにポンコツもいる
出来ない奴を煽るような空気を感じてしまう、これを避けるために予防線を張って、自分を過小評価して引き籠る

つまり何が退学という思考に繋がったのか

  • 学内の空気

優秀過ぎる人が多い、自分はまるでついて行けない気がする
意識高い会話が多すぎる、本当に研究とか企業とか最新の動向が好きなんだろうなって感じ
僕はボドゲとかの話もしたいしソシャゲとかみんなで初めてもいいじゃないって感じ、向いてない

  • 研究室の空気

質問をしたら馬鹿にするような返事が返ってきたことがある
輪講などが怖い
修論1週間前でどんでん返しされた先輩がいる
真面目に話しているのに教員が笑う
システムが頭が悪いし引継ぎとかが雑過ぎる

  • 自分の無能さ

まあ上記の総括的にね

  • 研究テーマ

教員とかで選んだし大学院では失敗したことでなあなあで済んでた問題が露出した
本当にこの研究テーマ、分野僕は好きなんだろうかわからない

  • アカデミアの空気?

無知な人を見つけたら優しく教えて差し上げるべきだと思うんですが、僕はよく晒し上げて馬鹿にしているシーンを見る
他者を蹴落として自分が成り上がる戦略なんだろうか、多分分野単位での損失だと思うが
教員に質問した時と言い、無知を馬鹿にする風潮、僕には辛すぎる
質問したのはわからないことが分かっているわけで、自己分析が出来ているし偉い
しかも質問どころか会話すら苦手なので勇気を出して質問した、偉い
なのにそれを無下にされた、二度と質問がしたくなくなる
このループである
しかし修士なので質問とか進捗とか積極的に話しかけに行かないとおそらくダメで、このままじゃあ卒業できない
じゃあ研究室を変更するか退学か、と言う感じだ

大学に相談する

研究等で困ったら相談する先があるため、メールを送った
自分の今の現状、主に上記の内容を伝えると、教員も自分も悪くないし、コミュニケーションがうまくとれてないだけとのこと
そうなのか僕にはわからない
で、とりあえず卒業する方がいい、卒業のために研究するのは悪い事ではないと言われる
研究室の教員にもやんわり相談するとの事、ちょっと怖いけどまああの教員だしあんまり何もアクションとかとってくれなさそうだし面白いので承諾した
僕は何なんだろうな

まあとりあえず卒業目指すかー就活とかも怖いしなあって思って研究室の出方とかをうかがっている
結局あまり研究室に行ってないし研究も地味な進捗が出た程度である
何も理解してくれてなさそうな教員に会うのも怖いし、あの出来が良すぎる先輩陣に会うのも怖い
学会とか発表実績とかどうでもいいから卒業だけ許してくれ、ダメなら許してくれる研究室探すかってレベル、ダメだこりゃ
とりあえず卒業のために研究するのは悪い事ではないってのが結構ありがたく感じたしそれを良しとしてくれる教員でも探したい

最後に

ここまで書いたがまとまりがない
そもそも計画性が無かった、ADHD診断もいい感じだろう
タイトルにあってないじゃないかって感じだけど心境の変化とかもあった
本当は退学は悪い事じゃなくて、結局自分の能力で就職とかは決まるし、社会に出てやってけるかも能力依存だし、意味ないんじゃねとかそんなことを描きたかったんだと思う
気が付いたらこのざまである
中途半端な時期に書いちゃったなあって思うし、来年か再来年何か進歩していればまた書きに来ます

感情の確認

12時ごろ起床、どうぶつの森ポケットをプレイ
達成目標が多いし、簡単に達成できるため辞められない感じが凄い
だいぶ前にグラブルにハマった時のように、中間目標を達成するたびに嬉しくなってやめられない
そこまでわかっていてしばらく続けるんだろうなと思った、少しは楽しい
今日の予定が何もないことを思い出し、辛いためTwitterを開かないようにした
ついでに要らないアプリを片っ端から消していった、それでもどうぶつの森は消えなかった

2時ごろご飯、YouTubeを眺めながら飯を食うのは時間効率がいい気がして好き
と言う事でまた凝りもせず竹家チャレンジを最初から見ていた

YouTuberが好きすぎる、ダメだ
こう、好きな事で生きていくって言葉は泣きそうになるから辞めてくれ
相変わらず面白いし楽しそうで羨ましかった

5時ごろ、入浴
湯船でまたどうぶつの森へと旅立っていった
画面の中が現実であってくれないだろうか

なんだか思考がダメだった
webでちょろい感じで金稼いでる人がうらやましいとさえ思った、偏見だろうけど
どうやってお金を稼ぐか考え始めたところでダメだなぁと思った
ここで日記でも書くかという気分になった
調べると感情を整理する目的で書けば鬱病治療になるとかならないとか、多分意味がない
書くだけではなくその時の感情を分析して治療への糸口を見つけないといけないらしい
うん、自己満足なんだろう

6時ごろ、晩御飯を作ろうと思い立つ
確かホワイトシチューのルウが残ってただろうし、実家から送られてきたジャガイモと玉ねぎがあるはず
だいぶ前に買って冷凍しておいたコストコのみそじ肉があるしそれを解凍、肉ならなんだっていいだろう
玉ねぎはすぐに見つかったがジャガイモは完全にカビの住処になっていた
おばあちゃんごめんと言いながら捨てに行った、虚しさが強かった
結局玉ねぎいっぱい少しのお肉のシチューを作ることになった
それでもシチューの魅力が強くわくわくしている
切って炒めて水を加えルウを入れようとして気が付いた
f:id:ratetion:20171126195118j:plain
カレールウだった
絶望した、シチューのためにここまで準備したのに
あちこち探したけど他にルウの存在は確認できなかった
しかもご飯も炊いてない
シチューを作っていたのだから
仕方ないので明日も食べることを考えて2号の米を炊いた
f:id:ratetion:20171126195126j:plain
40分後、やっと晩ご飯にありつけたが、それは期待していたシチューではなかった
まあ味は美味しかった

明日の計画でも立てながら寝ようなあ