鬱病は治せるのか

鬱病と真面目に向き合おうと思って

枯山水が気に入った人に勧めたいボードゲーム3つ

あまり書いていませんでしたがボードゲームがかなり好きです
で、持ってるのやら好きなゲームを紹介したりプレイ日記も書きたいなぁと思っているのでその先駆け的に書こうかなと
問題はボードゲームを買うお金が無いのと、やる友達や機会が少ない事なんですけどね
まあそれはさておき紹介してみます
枯山水からボードゲームに引き込まれる人がいればいいかなって感じで、出来たら僕と遊びませんか?

ノイシュヴァンシュタイン城


ノイシュヴァンシュタイン城 完全日本語版

詳細

1-4人用
60-90分程度

概要

実際のドイツ、バイエルン州にあるお城が元ネタ
このゲームでは部屋を購入して自分の城を建築するゲームです
部屋には種類があって、組み合わせによって得点が得られます
f:id:ratetion:20171010021339j:plain
こんな感じでロビーがあってにぎやかな部屋があって、地下への階段とか庭を造ったりとか
部屋同士の相性も考えてうまく配置できると高得点が得られます
どの部屋を買うか、どこに置くか、誰に買わせるかなどの駆け引きがとても面白いのでお勧めです
枯山水で庭を造ったら次は城を建てるなんてどうですか

街コロ

今度は街です、はい

街コロ (Machi Koro) ボードゲーム

詳細

2-4人用
15-30分程度

概要

施設を購入して自分の街を発展させていくゲームになります
施設には数字が書かれており、毎ターンサイコロを振って、出た目の施設を保有している場合はその施設の効果を得られます
お金を得て施設を買ってお金を得るを繰り返し、あらかじめ決められた4つのランドマークを建設したプレイヤーの勝ちです
f:id:ratetion:20171010022048j:plain
このように同じ施設を買いまくって一発で大稼ぎを狙ったり、特殊効果を持つ施設でジワジワ攻めたり、相手から金を奪う施設を建てて嫌がらせしたり
自分の街が育っていく感覚や、他を妨害して勝ちに行く感じが枯山水に近くて楽しいと思います

たこのゲームは人気であり、戦略がある程度固まりやすいため、拡張も出ています

街コロプラス (Machi Koro) ボードゲーム


街コロシャープ (Machi Koro) ボードゲーム

拡張はそれだけでは遊べないので、購入の際は基本セットから購入するようにしてください

シンガポールの商人

個人的に滅茶苦茶好きなゲームです

シンガポールの商人 完全日本語版

詳細

2-4人用
45-60分程度

概要

東インド会社シンガポールを植民地にしていた時代に基づいたゲームです
シンガポールの開拓がうまくいかない政府は、開拓することを条件に商人たちに土地を自由に使う権利を与えます
あなたは商人となり土地を開拓、商店を開いてお金を稼ぎます
商品はお茶、レンガ、麻、そしてアヘン
なんとこのゲームではアヘンの取引が行えるんです
アヘンは通常より効率が良く、お金がじゃんじゃん稼げます
しかし当然リスクも付きまといます
アヘンを含む違法行為を行うと確率で強制捜査が始まります
摘発されたプレイヤーは所持金を半分失ってしまいます
上手くアヘンをやりくりして勝つか、安全に戦うかが難しいゲームになってます

f:id:ratetion:20171010023531j:plain
持ってる物資や金額はばれないようについ立の裏に隠します
このゲーム、会話が面白くて
「アヘンが欲しい!アヘンをよこせ!」
とか
「アヘン工場を建てたいんだよね」
とか知らない人が聞いたらとんでもない発言がし放題です、徳を積むと近いものを感じたので挙げてみました

まとめ

以上枯山水を遊んだ人に次に遊んでみて欲しいボードゲームを挙げてみました
あくまで僕の主観なのでいろんな意見があると思います
是非色んなボードゲームをやってみて欲しいです
そしてゆくゆくはプレイ日記も書いて共有してボードゲームプレイヤーが増えていく事を祈っています
また面白いボードゲームやったりしたら書こうと思います