鬱病は治せるのか

鬱病と真面目に向き合おうと思って

コミュ障故ボードゲームにハマったような気がする

あんまりうまく書けないと思うんですけど、好きなので
大学2年くらいの時だったか、ゲームに飽きたんですよね
RPGとか作業するだけだし、格ゲーは勝てないし同じことしてるだけだし、マネーファームやらクッキークリッカーやら脳死で遊べるゲームが増えたし
ソシャゲーはガチャで金を絞るだけのゲームが多いし
モンストで協力プレイとか少し楽しかったんですけどね

で、ゲームに飽きた時に何なら楽しいかと考えたら対人ゲームを身内でやることだったんですね
知らない人に負けたらただただムカつくし、勝っても攻撃的な思考しかできない
身内で楽しむのが一番だったと思いました
マリオパーティーとかよく言われる友情崩壊ゲームとか言うけどそれが一番やってて楽しい
なんでもかんでもオンラインで対戦とかそういう風潮が嫌なのかなとも思ってました

地元に帰った時に友達が当時話題になってた枯山水を買ったんですよ

枯山水 新装版

やろうやろうって集まってやって盛り上がりました
その時やってて思ったのが、会話が絶えなかったんですよね
まあもともと仲いいメンツでやってたと言うのもあるんですが、ボードゲームの戦略とかずっと喋ったり、終わった後も長い事ここでこうしたのが~~~とかあの時こうしてれば~~~とか、これが強い選択だった~~~とかこれのおかげで勝てた~~~とか
負けてもこんな調子で、みんな楽しそうだったんですよ
まさしく上に書いたようなゲームの面白い部分が出ててよかった

この後日、自分でも面白そうなボードゲームを探して買うようになりました
基本はボードゲームのプレイ日記とかを観て面白そうなものをAmazon
近所にボードゲームショップがあったのでそこでもチラ見したりしてました

ある日某オフ会でボードゲームカフェに行ったんですよ
オフ会だからみんな初対面でTwitterとかの話題をしてたんですけど、カフェに入って店員にどんなゲームがいいか聞いてもらって
もうずっと持ってきてもらったゲームにのめりこんでましたね
そのボードゲームを通じてお互いの性格がわかったりもして不思議でした
しばらく遊んでるとほかの客が一人で来ていて、人数がちょうどよさそうだったので一緒にやることに
オフ会どころか、何もつながりがない人とでも仲良く楽しく遊びました
この時は心理戦のゲームで圧勝した後戦略性のゲームで惨敗したり、得手不得手が凄く出ててずっと笑ってたり
上手く書けないけどとにかく楽しいことが伝わればそれでもういいです

とにかく楽しかった、誰かも知らない人とこんなに盛り上がれるなんて素敵だなぁと
こうしてボードゲームにどんどん惹かれていき今があります
気になったら友達でも誘って近くのボードゲームカフェとか探して行ってみて