鬱病は治せるのか

鬱病と真面目に向き合おうと思って

山奥ニートさんらのブログ等を拝見した感想

先日言及したところコメントを頂いた
shichinomiya.hatenablog.com
ニコ生をやってるとかそんな話を聞いていたけどコメントをきっかけにブログを知り見に行った
記事では4人とかだったけどこういう記事とかテレビに出て10人強になってるそう
入れ替わったりもしたりしていてすごい
後はこの動画を観ました

正直涙が出た
みんなとにかく楽しく過ごしていたように見えた
同時につらくもあった
先が見えないけど何とかなるだろうって
言い聞かせてるようにも見えた

主な収入は村の人たちの手伝い(時給800円程度)
足りない時は出稼ぎ
支出は共生舎の料金が2万5千円くらい
家賃は無いけどネット光熱費等々を共同で支払う感じ
で、村に前から住んでいた人はもう歳だし、言い方は悪いがそのうち村に居れなくなる
そうなると収入はなくなるため、食品加工とか色々金になりそうなことを模索しているようだった

正直僕には成り立ってなさそうに見えてしまった
悲観的と言われればそうかもしれない
見下してるとかではなく素直に羨ましいとは思う
でも、現状と何も変わらないようにも感じた
どうにかして食っていかなくてはならない
それがしばらく可能かどうかと言えばそのうち不可能になる気がしている
僕は車も持ってないし貯金もないし、出来る人はまあしばらく出来るんだろうけど、それってここじゃなくてもやっていけるし、多分働ける人なんだろう
働きたくない、やりたい事をしたいからいる人たちだと思った
働けない人はそもそも出稼ぎ出来ないっす

でも現代は厳しくなったんだろうなって思った
動画中の発言に
「論理的に考えられる力があるのにそれだけじゃ働けない」
みたいなことがあったけど、本当にそう感じざるを得なかった
かと言って好きな事だけをやっていても生きていけないように思えてしまった
現実を見せつけられた気がして余計に鬱になってしまった

Twitterでも介護士ストライキしようとしていたりするのを見かけた
待遇があまりにもひどいと
のくせに人が足りてないからほぼ成り立ってない
賃金も低いし激務だと
おまけに人の命まで預かっている
いっそ退職してしまえば、納得いく人だけ残って待遇が改善されるか、それで成り立つかだとは思うんですけど、退職したらどうしろとって感じですよね

まあ関係ない気がするけど、そんなもんが感想です
素直な感想であり、誰を馬鹿にするわけでもなく、ただただ悲観しているような気がします
山奥ニートの方々は素直に羨ましいけど今後どうなるんだろうなあって感じ、強く生きて欲しいし幸せになってほしい、僕が言えたもんじゃあないけどさ